toggle
2015-12-29

感覚的な母と論理的な娘

年を重ねるにつれ
母の感覚的な感性は花開き、
論理的な娘は
理解するのに時間がかかります。

でも、いらっとしないのは
母と私が間逆の思考だと知ってるから。

コミュニケーションのストレスが減り
自分を楽にする「利き脳」のお話しです。

8974db73688ac0dcabc209ac733c89ee

ライフオーガナイザー
GrowLife 綿貫素子です☆

最近、特にですが
両親との会話が
かみ合わなくなりました。

理由は両親とも、
聞くより言うが多いから。

加えて、加齢により
両親の持つ特性が
色濃くなってきたからでは?
とも考えてます。

それを面白いと感じれるのは
私が「利き脳」を知ってるから。

痛感したのは
昨日の朝の母との会話。

私の母は、感覚派。
対して私は、論理派です。

母は常にざっくりな問いで
声をかけてきます。

「布団を洗うので、出しておいてね」

私はざっくりだと、
何を言われてるかわからない。

「どの布団?、何枚?、どこに出すの?」

と確認し会話は終了。

朝の忙しい時間帯、
ストレスなく会話が終わるとお互い楽。

耳もだんだん遠くなり
話したいこと全てを伝えるのが
難しいだろうなと感じてきたので、
ことさらに「利き脳」を知っていて
良かったとしみじみ思ってます。

kodomo1

「利き脳」を知ると、
自分の持つ特性がわかり
自分を理解できる。
自分とつきあいやすくなります。

そしてそれは自分だけでなく
他の人に対しても同様です。

他の人の持つ特性を知ることで
その人を理解でき、
つきあいやすくなります。

人との違いを認めること、
人と違っていいんだと
気づけるのが「利き脳」です。

両親との違いを知り
理解することで
彼らに1歩近づいて寄り添う。

そんな感覚で接するから
会話がかみ合わなくても
面白いと感じるのでしょうね。

大切な家族だからこそ
ストレスなく過ごしたい。

違いを認めて
お互いに楽になる「利き脳」。

自分も相手も楽になることは
どんどん取り入れて、
自分も相手ももっと楽に心地よく
してあげたいですね。

利き脳についてはこちらから
利き脳とは?利き脳チェック方法

あなたにとって
今日もなりたい未来を創る
始まりの1日でありますように。

ライフオーガナイザー
GrowLife 綿貫素子

Thank you☆
GrowLife☆grow your future!!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA