toggle
2016-04-30

【開催レポ】親子講座 未来探検教室 「子供編」

親子講座
「未来探検教室」
開催レポートとなります。

0430 5 4月23日に
第一回目の親子講座を
「未来の種を探しに行こう!!」
を開催しました。

未来の種という
夢の種を集め
未来にわくわくして
未来を自分でつくれると知る。

そしてその種を育てるには
何が大切かを
講座を通して伝えたい。

子供に「思考の整理」を伝えたい
という私の30年後のなりたい未来が
実現した講座。

今回はモニター様を集い
6組13名の親子の方が
参加して下さいました。

子供と大人の2回に分けて
レポートいたします。
1回目の今日は
子供目線での開催レポートです。

先に参加してくれた
男女7名の子供たちの
感想を紹介いたします。

☆一番楽しかったことを教えて!
・自己紹介ゲームと未来探検マップを書いたこと
・発表をしあったこと
・最後の書くやつ(未来探検マップ)
・未来探検マップを書いたこと
・未来探検マップ
・最後にやった未来探検マップを作るのが一番楽しかった
・未来探検マップを作るのが楽しかった

☆また参加したい・したくない理由を教えてください
・楽しかったから
・未来は自分で考えたいから
・優しく教えてくれて、未来のことも一緒に考えてくれるから
・自分のやりたいことを知れるから
・また未来探検マップを書きたい。4年生になったらまたやりたい
・楽しかったからです
・意味も分かったし、楽しかったから

アンケートへの協力ありがとうございました☆

 

講座を通して気づいたのは
子供たちは色んなことを思い考え
自分で選んで行動してる
ということでした。

その発想力の豊かさに
私は講座前から驚かされました。

今回の講座のタイトル
「未来の種を探しに行こう!!」は
参加者の1人のお子さんの
アイデアなんです。

私の考えてたタイトルは固すぎ。
手伝ってくれた仲間にも
アイデアを出してもらいました。
でももう1つぴんとくるものがない。

子供の意見を聞きたいと考えて
出してもらったアイデアの1つで
ぴったり!と即採用。

彼女はタイトルだけでなく
講座中のアイデアも出してくれました。
それが発表の仕方。

初めての場
初めての人達の中で
初めてのことをすることは
大人でも緊張します。

最後に発表を考えてましたが
人前で発表することに
抵抗があるお子さんも当然いる。
どうしたら発表できるか?

彼女が提案してくれたのが
1か所に集めてみんなで見ること。

どうやったら
楽しく発表できるか
という視点で
考えてくれたのでした。

0430 3発表とは1人で
その場所に立ち
自分の言葉で話すことだと
思い込んでた私は目から鱗。

しかも発表者がどうやったら
楽しく発表できるかという
発表者の気持ちに寄り添った
1つ進んだアイデアに感動しました。

でも柔軟な発想力は
彼女だけではありませんでした。

発想力の豊かさは
子供全員が持ってるとういうことに
講座中に気づかされました。

緊張しながらも7名全員が
がんばって自分の意見を
言葉にしてくれました。

3~6年生と年齢の差があり
個人差もかなりある中を
7名全員が自分の考えを持ち
発言してくれたのです。

実はこれは私が
講座を通して
一番伝えたい想いでした。

0430 1この講座では3つのことを
学んでほしい想いがありました。

・自分で考える
・自分で選ぶ
・行動する(言葉にする)

でも私が伝えなくても
みんな自分で考え
自分で選び
行動してくれました。

1人の子はアンケートの
”また参加したいですか?”の問いに
”参加しない”の回答でしたが
理由を聞いて私も仲間も納得。

その理由が、
”未来は自分で考えたいから”

彼は特に
夢がはっきりしてるからこその
言葉だとは思いますが
はっきりと自分の意志がある。

子供は知ってるんですね。

自分にとって
何が大事で

何が必要なのかを。

そして頭の中には
色んなやってみたいこと
未来の種を持っている。

そして自分で選び行動してる。

すでに夢がはっきりしてる子もいれば
ぼんやりとしているお子さんもいました。

でもそれは
まだ言葉を知らない為に
うまく表現できないだけだと
最後のワークで気づきました。

0430 2最後のワークは
頭の中の考えを1枚の紙に出す
「未来探検マップ」の作成でした。

用紙も自分で選び
そこに言葉や絵
シールやマスキングテープを
自分で自由に選び使い
表現したものです。

言葉にするのが得意な子は文字で
絵で表現するのが得意な子は
シールやマスキングテープを使ってました。

これまでのワークは
言葉が中心だった為
なかなか進まなかった子も
このマップになったら
途端に手が動く。

大人も同じですが
得意や苦手は人それぞれ。

このワークの目的は
頭の中にある
”未来の種”を出すこと。

やり方や方法は何だっていい。
自分が得意な方法ですればOK。

紙に出すことで
気づけたり繋がったり。
そこからまた夢が広がる。

可能性の枠を広げること
未来は自分で描きつくれるんだと
気づくことが一番大事。

自分の本当の想いに気づけると
未来にわくわくし
今がもっと楽しくなります。

写真が載せれず残念ですが
みんないい顔をしてくれてました。

その証明がアンケート。
このワークが一番楽しかったの声を
たくさん聞けました。

私も手伝ってくれた仲間も
とても嬉しく励みになりました。

みんな参加してくれてありがとう!
そしてまた会いたいです!
みんなの願いがたっくさん叶うよう
いつもいつも応援してます☆

最後までお読みいただき
ありがとうございました。
明日はママ目線の開催レポートを
つづります。

今を整理し 未来をつくる
ライフオーガナイザー
GrowLife 綿貫素子

Thank you☆
GrowLife☆grow your future!!

Photo by Megu

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA