toggle
2016-11-29

次のステージへ引き上げるのは、ちょっとだけ背伸びして毎日を生きる姿勢

40歳からの第二の人生は
生き方を変える大きな転換期であり
価値観が大きく変わるタイミングです。

どうありたいか?
どんな人生をおくりたいのか?

自分と向き合ってでてきた
なりたい未来を目指して
ちょっとだけ背伸びして生きる毎日が
自分を変え未来を変え
1つ上のステージへ連れていってくれます。

ちょっとだけ背伸びする毎日で
セルフイメージを上げ
一緒になりたい未来をつくりませんか?

1

なりたい「私」を一緒に見つけます
GrowLife ナビゲーター
綿貫素子です。

昨日はGrowLife letter配信日でした。
今回のテーマは
「ちょっとだけ背伸びして生きる」。

ちょっとだけ背伸びは
セルフイメージを上げ
なりたい未来をつくる原動力です。

なりたいみらいをつくる為に実践してる
セルフイメージを上げる方法を
2つお伝えしました。

セルフイメージを上げるには
背伸びすることが大事だと思ってます。

今は自分を知り
ちょっとだけ背伸びして
セルフイメージを上げてますが
思えば昔は思いっきり背伸びしてました。

背伸びしてたのはファッションで
きっかけは初めて行った原宿です。

東京のはずれに住んでるため
原宿デビューは中学時代。
初めての原宿は全てがキラキラでした。

雑誌で見てた世界がそこにあり
私もいつかこの世界で生きたいと
感動したことを今でも覚えてます。

そこから背伸びがはじまりました。
でも洋服は親に買ってもらってる為
カットソーくらいしか手が出ませんでしたが
当時の私にとっては大きな背伸びでした。

そして高校生からアルバイトをして
自分で洋服を買うようになりました。

当時は渋カジ全盛期。
渋谷のセレクトショップで初めて
海外ブランドのデニムを購入した時の
わくわくどきどきは忘れられません。

 

就職して自由に使えるお金が増えると
さらに勢いは増しました。
思いっきりが振り切る勢いに変わりました。

でも振り切ると終わりがくるんですね。

39歳の2回目の離婚で
当時所有していた90%のものを手放し
洋服も大事なものだけを残しました。

私の中で価値観が変わりました。

着飾っていたのは
自分に自信がなかったから。

素の自分でやってきたい。
心の奥ではそう思ってた。

そして着飾らなくても
素敵なものを持ってる自分に気づき
自分もいいよねと思えるようになり
ものに頼らなくなりました。

ここまでが自分が変わる第1章。
そしてここから第2章がはじまりました。

待っていたのは本音で生きる人生。

本当はこれがしたかったんだということ
自分で選べる自分基準で生きる
第二の人生でした。

c935e4796797c6e8e03058841161a8a2

自分基準で生きるとは
自分の価値観に沿い
自分で選び行動することです。

自分がいいなと感じることを選ぶと
本当はこれがしたかったんだと
いうことを選べる人生になり
なりたい未来をつくれるんです。

どうありたいか?
どんな人生をおくりたいのか?

とことん自分と向き合い
自分が大切にしてるものを知る。

そして毎日自分が
しあわせになる選択をして生きることで
価値観をつくり自分軸を育て
自分基準がつくられます。

自分基準で選ぶものは
あなたをしあわせで豊かにします。

そしてさらにこの時に
ちょっとだけ背伸びして選ぶことで
次のステージへ近づくのです。

思いっきりでなく
ちょっとだけ背伸びする姿勢が
あなたの未来を人生を変えます。

ちょっとだけ背伸びだと
できそうな気がしませんか?

あなたを変えるのは
すごいことをすることでなく
ちょっとだけ背伸びする毎日です。

そう考えるとちょっとの背伸びに
わくわくを感じませんか?

今日の1歩が未来をつくります。
なりたい未来を目指し
ちょっとだけ背伸びして
次のステージへ1歩近づきたいですね。

なりたい「私」を一緒に見つけます
GrowLife ナビゲーター
綿貫素子

Thank you☆
GrowLife☆grow your future!!

【39歳からの自分探しの旅】
自分を知ることでなりたい「私」を見つけた
39歳からの10年間の「私」を知る旅 My story。
なりたい「私」をつくるヒントに出会えます。
⇒ My storyはこちら

【GrowLife Letter配信中】
40歳からの人生をデザインする。
なりたい私をつくる自分を育てる
無料のメールマガジンです。
⇒ 登録はこちら 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA