toggle
2017-06-11

自分探しの旅②~後悔していることと手放したもの~

後悔していることは
自分を否定してしまったこと。
手放したものは
自分を正当化する思考のクセでした。

39歳から始まった
自分探しの旅➁です。

なりたい「私」を一緒に見つけます
GrowLifeナビゲーター
綿貫素子です。

2回目の離婚時に
私は所有物の90%近くを
手放しました。

理由は彼から
”普通がいい”と言われ
俗物的な自分だからダメなんだ。

手放してリセットしたら
彼は戻るかもしれない。

そう感じたからでした。

そしてこうも思っていたんです。
手放すことで自分も
変われるかもしれないと。

でも彼も私も変わりませんでした。

私は変わるどころか
逆に自分の状況を
悪化させてしまいました。

自分の存在価値を
自分で否定してしまい
さらに自分を見失ったのです。

手放したもの達は私にとって
がんばってきた証でした。
それらを手放したことで
自分を否定してしまったのです。

私は間違った方向に進んでいました。

自分が豊かになることや
幸せであることや楽しい気持ちを
持ってはいけないと
思うようになったのです。

でも実はこれが私の思考のクセ。
自分が選択した行動を
正当化したかったのです。

いい人でいたい気持ちが強く
自分を否定することで
嫌な人に思われないように
していたんです。

本当はこの時の私は
彼に対する怒りや悲しさの感情を
持っていました。

でも出せなかったんです。
なぜなら感情を出すことで
自分が嫌な人間だと
感じたくなかったからでした。

私は逆に自分を否定することで
嫌な自分やダメな自分ではないと
自分で思いたかったんです。

このどんな時も
自分を
正当化したいと考える
その思考のクセこそ
私が手放したかったものでした。

2回目の離婚では手放すことで
私に必要な
視点と思考を育て
私を成長させてくれたのです。

視点と思考を変換する力は
私に仕事を与え
未来をつくりました。

悩みもがいた時間は
次のステージへシフトする為の
私にとって必要な
「私」を育てる時間でした。

この後に起こる
2回のブレイクスルーが
さらなる経験からの価値を
与えてくれました。
次に続きます。

自分探しの旅①何かしていないと私の存在価値はない?
自分探しの旅➁後悔していること。手放して手にしたもの。
自分探しの旅③「私」がはじまったブレイクスルーの瞬間
自分探しの旅④人生のステージが変わる転換期とは本来の「私」を生きるはじまりです
自分探しの旅⑤自分探しは私らしい生き方探しの旅でした

すべての答えは自分の中にあります。
今日も未来をつくる1歩の1日を☆彡

なりたい「私」を一緒に見つけます
GrowLife ナビゲーター
綿貫素子

Thank you☆
GrowLife☆grow your future!!

【39歳からの自分探しの旅】
自分を知ることでなりたい「私」を見つけた
39歳からの10年間の「私」を知る旅 My story。
なりたい「私」をつくるヒントに出会えます。
⇒ My storyはこちら

【GrowLife Letter配信中】
40歳からの人生をデザインする。
なりたい私をつくる自分を育てる
無料のメールマガジンです。
⇒ 登録はこちら 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA