toggle
2017-09-02

はり合わない、力を借りる。

人生を楽しむこつは
自分と人とはり合わないこと。
そして力を借りること。

そしたら今よりちょっと楽で
ちょと楽しくなる。

その先になりたい「私」はいるから
自分のペースでちょっとづつ進んで行こう。

なりたい「私」を一緒に見つけます
GrowLife ナビゲーター
綿貫素子です。

新学期のはじまりが楽しみでない
子供達がいることを知りました。

私も今から考えてみると
確かに表面的には
楽しくはありませんでした。

だって自由な時間が終わり
既定の時間の中で過ごす
勉強をしなければならない
毎日がはじまるから。

でも本当の想いは
新学期のはじまりが楽しみでした。

なぜなら私にとって学校は
特に小学校時代は
勉強しに行くところではなく
楽しむ場所だったからです。

今の新学期がいやだと
感じている子供たちは
私の様に表面的な問題ではなく
心の深いところで悩みを
抱えているのですよね。

だから新学期に
学校に行くと考えると
心が重くて耐えられない。

理由は人それぞれで
こうだよって単純で簡単に
想像できることではありません。

おそらく自分の中でも
なんで学校へ行きたくないかは
わからないと思うんです。

大人だっていやなことは
理由なくいやですもんね。

でもやっぱり学校って
人との出会いから学ぶ場だし
今しかできない経験だから
楽しい場所かもと思ってほしい。

そこで私がいやだなと感じる時に
なぜかの理由を考えてみました。

その中の1つにあったのが
他の人と比べていることでした。

他の人と自分を比べて
できない自分がいやで
そのこと自体がいやだと
思っている時があります。

例えば会社での仕事。
時々いやになることがあります。

効率的なことが大好きな私は
複雑なことが苦手です。

どんどん複雑化する仕事に
ついていけない時に
他の人と比べて自信をなくし
仕事がいやだと感じる時があります。

どういう状態かというと
他の人と自分自身と
はり合っているんですよね。

だからできない自分に劣等感を感じて
自信をなくして表面的にでている
仕事自体がいやになる。

そんな時の問題解決方法は
力を借りることです。
他のできる人にこつを聞けばいい。

私も聞きました。
彼らは20以上も下だけど
私より柔軟な思考を持っているし
教え方も上手なのです。

そうやって他の人と
はり合わずに力を借りたら
ものごとがスムーズに進み
仕事も会社もさらに楽しくなりました。

だから伝えたいです。

他の人とはり合うのをやめましょ。
自分とはり合うのをやめましょ。
彼らの力を借りましょ。

力を借りるのは
人だけではありません。
色んなことから力を借りれます。

例えば本を読んで
言葉から力を借りる。

好きなものを見つけて
好きなものから力を借りる。

そうやって力を借りたら
今がちょと楽しくなる。
そしたら今よりちょっと楽で
ちょと楽しくなる。

ちょっとづつを続けて
自分への信頼貯金を殖やしたい。
そうしたらちょっとづつ自信もでる。

その先になりたい「私」はいる。
だから自分を信じて自分のペースで
ちょっとづつ進んで行きたい。

そして自分を楽しんでほしい。
そして自分を好きになってほしいな。

答えはあなたの中にあるから
見つけてあげて欲しいです。

なりたい「私」を一緒に見つけます
GrowLife ナビゲーター
綿貫素子

Thank you☆
GrowLife☆grow your future!!

【39歳からの自分探しの旅】
自分を知ることでなりたい「私」を見つけた
39歳からの10年間の「私」を知る旅 My story。
なりたい「私」をつくるヒントに出会えます。
⇒ My storyはこちら

【GrowLife Letter配信中】
40歳からの人生をデザインする。
なりたい私をつくる自分を育てる
無料のメールマガジンです。
⇒ 登録はこちら 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA