toggle
2017-10-12

足りないものをうめるのではなく、あるものを活かす生き方がしたい

40歳からは
自分を活かす生き方がしたい。

自分を活かすとは
足りないものを埋めるのではなく
今あるものを活かすこと。

自分の得意なことを
もっと得意にして
必要としている人の力になる。

それが自分を活かす生き方。
40歳からはそんな生き方がしたいな。

GrowLife ナビゲーター
綿貫素子です。

80歳まで生きるとしたら
40歳は折り返し地点。

再スタートができるタイミングで
色々な経験をしてきて
0から自分をつくる時期だと思うのです。

色々な経験から得た
自分だけの得意なことを
あなたも持っているはず。

それはあなただけの持つ
オンリー1の価値です。

その価値を周りで
必要としている人がいたら
力になりたいと思いませんか?

自分が経験したことを
必要としている人に手渡すって
私は子育てと同じに感じるのです。

私もあなたもそうやって
両親に育ててもらった。
だからここまで成長できた。

そして次に繋げていくのが
私達の使命。

だから先ずは自分の持つ価値に気づきたい。

自分を活かすとは
足りないものを埋めるのではなく
今あるものを活かすこと。

自分を活かす生き方とは
完璧じゃない生き方のこと。

人には苦手と得意があり
簡単にできることと
簡単にできないことがある。

完璧な自分を手放すのが
自分を活かす生き方への1歩です。

そして経験で得た
自分が持っている得意なことを
もっと得意にして
必要としている人に手渡したい。

その為にしたいことは
自分が持っているものに
気づくことです。

自分ができていることや
自分のいいところに気づける
視点と思考が自分を活かす
生き方をつくります。

その視点と思考をつくる為に
おすすめなのが”Good&Thanks”のワークです。

夜眠る前に
今日できたことや
自分の良かった点。
感謝することを書き出すだけ。

昨日より1㎜できていたら
それはできていることです。

とくかく徹底して
できていることや良いことを
見つけることが大事です。

続けると自分のいいところを
見つけることができるようになります。
そして自分の得意なことに気づけて
自分を活かす生き方の
土台ができあがりますからね。

自分を活かすとは
足りないものを埋めるのではなく
今あるものを活かすこと。

完璧じゃないから自分らしい。

自分を活かすから自分らしいのです。

40歳からの第二の人生は
自分が持つ経験からの価値を活かす
生き方をしたい。

その先に待っているのは
あなたと大切な人の笑顔と幸せです。

自分のいいところを見つけて
自分を活かす1日を☆

GrowLife ナビゲーター
綿貫素子

Thank you☆
GrowLife☆grow your future!!

【募集中】
自分を活かす人生づくりの1歩のお手伝いです。
 体験セッション募集中

【39歳からの自分探しの旅】
自分を知ることでなりたい「私」を見つけた
39歳からの10年間の「私」を知る旅 My story。
なりたい「私」をつくるヒントに出会えます。
⇒ My storyはこちら

【GrowLife Letter配信中】
40歳からの人生をデザインする。
なりたい私をつくる自分を育てる
無料のメールマガジンです。
⇒ 登録はこちら 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA