toggle
2018-04-07

「大好き」の宝物、ちゃんと持っていたね ~思考の整理 21日間のメールセッション/対面セッション受講者レポート~

”何をどうしていったら
いいのかも分かりません”

もしあなたがそう感じたら
ステージが変わる合図です。

迷うということは、
価値観を再確認する
人生の転換期のお知らせ。

何を手放して、
何を手にするのかを
問われる
人生の更新の時期なのです。

今回紹介する彼女も、
大切なものを再確認して
新しいステージへと走り出しました。

思考の整理 21日間のメールセッションと
対面セッションの受講者レポートです。

GrowLife綿貫素子です。

今回のクライアントさんは
絵を描くことを仕事にされている
女性でした。

楽しいけれど、
これからの目的が曖昧になり
絵が描けなくなりかけていた。

何をどうしていったら
いいのかも分からない。
だから、考えを整理して、
楽しく絵を描けるようになりたい。

そう考えて、セッションに
申し込んで下さいました。

彼女は、何を手放したのか?
そして、何を手にしたのか?

先に感想の1部を紹介いたします。

⇒ 感想の全文はこちら

◇セッションを受講した目的と
終了時に手に入れたかった未来を教えてください。

絵が描けなくなりかけていたので、
考えを整理して、楽しく絵を描けるようになりたかった。

◇受講の前と後で具体的にどんな変化がありましたか?
感情・行動・思考の3つの視点で教えてください。

・感情:描いてて楽しくなりました。
上手く描けなくても、それはそれで楽しくなりました。
練習するという、楽しみも増えました。

・行動:絵を描く事のハードルが低くなり、
すぐに描くようになりました。
絵を描くまでの腰の重さが無くなりました。

・思考:「私の絵なんて。」や、
「私なんて」と、考えなくなりました。
そして、すごい負けず嫌いな面も知ることが出来たので、
「あ、今、すごい悔しがってる。そんな私、おもしろいなー」と、
思うようになりました。

・その他、感想など、今の気持ちを自由に教えて下さい。

メールセッション、楽しかったです!
毎日、自分の中の叫ぶ声を聞けたような気がします。
人生も生活も何倍も楽しくなりました。

人は考え一つ気づくだけで、
こんなに感情も行動も変わるものかと思います。

絵を描くのが好きだと気づいて良かった。
こんなに大切なものを捨てるところでした。
本当にありがとうございます!

⇒ 感想の全文はこちら

彼女が、手放したもの、
それは、思い込みでした。

そして、手にしたもの、
それは、本当の想いでした。

絵が描けなくなりかけていたのは、
思い込みから自分の想いを
勘違いしていたからでした。

彼女は他の人の絵と比べて、
「私の絵なんて」や、
「私なんて」と考えて
モチベーションが下がると話していました。

でも話を聴いてみると、
そう感じるのは、好みで素敵なものに
出会った時だけとのこと。

ただ絵を描くのが上手だけでは、
そうは感じないとのことでした。
また、そう感じる時に口に出るのが、
「あ!しまった」という言葉だそう。

そこまで話を伺い思ったんです。
それは、悔しいからからではないかと。

そうなんです。
負けず嫌いな性格から起きている
現象だったのです。

もっとスキルを高めたいと考え
他の人と比べてしまい、
「私なんて」と思ってしまい
絵を描けなくなっていたのでした。

本来の彼女が大切にしていた想い、
絵を描くことは楽しいということを
忘れてしまっていたのでした。

そこまで話して彼女も気づき、
アンケートではこう書いてくれました。

”絵を描くのが
好きだと気づいて良かった。
こんなに大切なものを
捨てるところでした。

「大好き」の宝物、
ちゃんと持っていたね!。”

彼女の最大の強みは、
ピンときたら直ぐに行動できる力。
あふれる想いをたくさんの絵にして
次の目標に走り出しました。

”さあ、動いて!動いて!
まだ、スタートにも立ってないよ!
面白くなるのはこれから!”

1年後の未来の彼女からの
この言葉に応援されているから
迷っても絵を描く歩みは止まらないはず。

常に自分を更新し続ける彼女の未来には
想像を超えたワクワクな未来が
手を広げて待っていること間違いなしです。

いつもいつも応援しています。
GrowLifeに出会って下さり
ありがとうございました。

⇒ 感想の全文はこちら
⇒ これまでのお客様感想一覧

GrowLife 綿貫素子

Thank you☆
GrowLife☆grow your future!!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA