toggle
2018-04-26

片づけは過去と未来の自分に「ありがとう」を言うことだと思う

あるテレビ番組を見て確信しました。

片づけは過去と未来の自分に
「ありがとう」を伝えることです。

GrowLife 綿貫素子です。

昨晩、”実家を片づけてみませんか?
というテレビ番組を見ました。

片づけをテーマにした番組は、
片づけのプロが片づける内容だと思い
興味がわかずに見ていませんでした。

でもその番組は、他の番組と違っていました。

子供が片づかない実家を片づけをして
片づけのプロは出てこず、
本人たちが片づけをしていました。

何よりもフォーカスしている視点が良かったんです。

この番組の視点は、ものではなく人。
捨てるのではなく、残すことでした。

溢れかえったものではなく、
アルバムを見たり、ものを見て
その時の感情を思い出している。

そうやって過去を振り返り
未来に持っていきたいものを残す。

その中でこれまで、
言えなかったり、忘れていたけど
大切なことを思い出す。

ものにまつわる人のストーリーに
フォーカスをしているの点が
これまでの他の番組とは異なり、
深く心に響きました。

ある親子は、
中学時代に不登校になり
親元を離れた高校へ通う大学生。

荒れた時代に、
親に迷惑をかけたからと
その当時に荒らした実家の部屋を
片づける決意をして帰りました。

彼には弟さんと妹さんがいて
2人は真面目で優秀で劣等感を感じ
親にとって自分は必要がない子ではないかと
感じていたそうです。

片づけの中でお母様が手紙を読みました。

その手紙は高校時代に
離れて暮らす息子さん宛てに書いた手紙。
心配するより応援する。

そんな思いが溢れた
愛情いっぱいの手紙をお母様が読み
その当時の想いを伝えると息子さんが
泣き始めました。

なぜかというと、
お母様が彼のこれまでを
否定ではなく肯定をして
彼の生き方に共感をしてくれていたと
気づいたからでした。

その言葉で彼は
自分の過去を受け取り
未来も今の自分のままでいいと
自分で自分にOKを出せたんだと感じました。

そして思ったんです。

片づけは過去と未来の自分に
「ありがとう」を言うことだと。

整理収納アドバイザー2級講座で
片づけを仕事にしたいと決めたこの言葉
「ものにはストーリーがある」。

片づけは、その言葉通りだなと
改めて気づきました。

片づけは、物を捨てるんじゃないんです。
片づけは、未来の自分にとって
必要で大事なものを残すことなんです。

過去と未来の自分に「ありがとう」
を伝えるのが片づけです。

あなたも過去と未来の自分に
「ありがとう」を伝えませんか?

Thank you☆
GrowLife☆grow your future!!

【募集中のサービス】

◇LINE電話セッション
◇メールセッション
◇お片づけ

◇単発セッション <ステージを上げる思考の整理>
次のステージへ上がる為に
今から直ぐに実行できる具体的な
アクションプランをお伝える
90分の単発セッションです。
⇒ 募集ページ
⇒ これまでのレポートと感想 

◇半年間の継続セッション<GrowLife Lesson Basic>
表面的ではなく、
根本的な問題解決に取り組み
理想の未来を手にする
しやなかや自分軸をつくる
半年間の継続セッションです。
⇒ 募集ページ
⇒ これまでのレポートと感想

◇無料メールマガジン
<40歳からの人生をデザインする
自分を育てるメールマガジン>

ステージを上げる視点と思考の
つくり方のヒントを紹介しています。
週2回、月・金曜日の朝7時に配信中です。
⇒ 登録はこちら 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA