toggle
2018-11-18

自分が好きなことには正直に、貪欲になろうと思いました~思考の整理 21日間のメールセッション受講者レポート~

”自分が楽しく、
嬉しくなることは何なのか、
常に意識したいです。

彼女が手にしたこの思考が、自分軸を育てる。
そして、自分と未来を育て人生を豊かにする。

私はそう思うんです。

思考の整理 21日間のメールセッションのレポートです。

GrowLife 綿貫素子です。

今回のクライアントさんは、
2人のお子さんを持つ
ワーキングマザーでした。

会社では部下もいて、残業も多く
時間に余裕はないはず。

そんな中、3か月間プランの
21日間のメールセッションのレポートの
サービスに申し込んでくださいました。

そして毎回、丁寧な回答を返信し、
そして最後まで、やり遂げました。

時間をつくってまで、
メールセッションを受けようと思ったのはなぜか?
そして彼女は、何を手にしたのか?

先に感想の1部を紹介いたします。

⇒ 感想の全文はこちら

◇セッションを受講した目的と
終了時に手に入れたかった未来を教えてください。

人や状況に流されがちな自分に、疲れやモヤモヤ感を感じていたので、
自分軸をしっかり持ちたいと思って、自分を知るためにこのセッションを受講することにしました。

終了時に手に入れたかった未来は、自分を知り、これからの人生を自分なりに歩む指針をもつことでした。

◇セッションを受けた前と後では、具体的にどんな変化がありましたか?
感情・行動・思考の3つの視点で教えてください。

感情
心のササクレが若干取れたように思います。
気負いや、自分をよく見せたいという思いも薄らいだような気がします。まずそのままでやってみよう、と。

行動
家族や周りの人とのコミニュケーションを少しずつ増やしています。時間がないから、
と割愛した部分を意識的に戻すようにしています。
朝一番の歯磨きも喉が痛いときにやってます^_^

思考
まだまだなことも多いですが、出来ていることもある、そう思えるようになりました。
自分を大事にしようと思いました。

⇒ 感想の全文はこちら

彼女は、自分軸をしっかり持ちたい。
そう考えていました。

なぜなら、
人や状況に流されてしまい、
人の期待に応えることを優先してしまっていた。

そして、
ありのままの自分が分からなく
なっていたからです。

でもそれは、
守るべき大切な存在がいる人であれば
当たり前の行動だと思うんです。

だって、誰だって
大切な人の期待に応えたい。
そう考えませんか?

家では母として、
子供たちの期待に応えたい。
会社では上司としては部下の、
上司へは部下としての期待に応えたい。

そう考えるのって、理解できますよね。
だからその考えは、悪いわけではない。

問題は、その行動に自分で気づけているか。
自分が主体になり、行動しているのかどうか。

だと、私は思うんです。

その行動をした時に、
自分が楽しく、嬉しく感じるなら
自分が主体で行動していること。

反対に、
疲れやモヤモヤを感じるのであれば、
自分が主体では行動していない。

言い換えると、
前者は、自分軸で動けている。
後者は、自分軸で動けていない。

彼女はそのことに自分で気づき、
アンケートの回答でこう書いていました。

”セッションを通じて、
自分ってこういう風に考えるんだ、
と改めて見直すことができました。

自分について全てわかり、
こういう方向性で行こう、
という北極星のような指針が
見つかったわけではありませんが、

自分が主体にならなければ、
それを見つけることも出来ないし、

充実した納得感のある毎日を
過ごすことが出来ない、と実感しました。”

そうなんですよね。

セッションを受けたからと言って、
自分を全部知ることは出来ない。

でも、
自分を知ろうとしなければ、
何が問題なのかに気づけない。
何で満たされるのかもわからない。

その何かに、自分で気づくこと。

それが自分を知ることだと、私は思うんです。

そして彼女は、気づきました。
自分が好きなことには正直に、貪欲になろうと。

そして彼女は、決めました。
自分が楽しく、嬉しくなることは何なのかを考えて
行動すればいいと。

私は知っています。

その先に待っているのは、
自分と大切な人達の笑顔と成長する人生だと。

自分と向き合うと、決めたこと。
そして、一歩踏み出してやり遂げた彼女を
私は誇りに思います。

GrowLifeに出会って下さり
ありがとうございました。

メールセッションサービスの>>募集ページはこちら

⇒ 感想の全文はこちら
⇒ これまでのお客様感想一覧

GrowLife 綿貫素子

Thank you☆
GrowLife☆grow your future!!

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA