toggle
2016-01-02

My story自分を好きになる旅2

好きなことと経験が
ライフワークにつながりました。

My story自分を好きになる旅2。

ライフワークとの出逢い、
ライフオーガナイザーとしての
今の仕事につながる原点である
子供時代から今を振り返ります。

a953f29315f2dababe3590e2b20f2b74
My story自分を好きになる旅は、
私の誕生から現在の物語。
今の自分に繋がるキーワード
受け取ったものに視点をおき
自分で未来をつくるヒントをお伝えします。
My story 自分を好きになる旅 記事一覧→

 

一番遠い片づけの記憶は
小学生時代。

友人の家に遊びに行き、
彼女の勉強机を片づけてました。

学校の道具箱の整理や
自分の本棚の整理も大好き。

大きさが30cm位の
自分の道具箱の中や
家の本棚の配置を考え
ベストポジションをつくる時間。

片づけは私をいつも
わくわくするさせてくれる
楽しい時間でした。

ただこの時の片づけは
いらなくなったら捨てて
新しいものを買う。

捨てる=片づけと考え、
ものを大切にする
感覚がありませんでした。

捨てることで自分が変わる、
新しい自分になれると
勘違いしてたのです。

そしてその後、
大きな片づけをして
その勘違いに気付くのです。

私は2回目の離婚の時に
自分の所有してた
90%のものを処分し
自分を見失いました。

新しい自分になりたい

その想いで
それまでの過去を捨て
新しい自分になろうとしたのです。

でもそれは違ってました。

私はものを捨てたことで
それまでの自分を、
過去を否定してしまったのです。

目に見えるものを変えても
自分は変わらない。
変えるべきは自分の考え方、
目に見えないものだったのです。

気付いた最初のきっかけは、
整理収納アドバイザー2級講座
で出逢ったこの言葉。

「ものにはストーリーがある」

どきっとしました。

片づけは
ものを捨てるのでなく、
自分の大切なものを知り
選ぶことなんだ。

ものを大切にしてなかった
大切なものも知らなかった
自分に気づきました。

片づけがもっと好きになりました。
そして、仕事がしたいと思い始め、
ライフオーガナイズと出逢いました。

ライフオーガナイズは
部屋の片づけの前に
思考の片づけをします。

目に見えるものでなく
目に見えないものを先に
片づけるのがライフオーガナイズ。

私は自分の経験から
部屋を片づけても
自分の思考を変えないと
同じことを繰り返すと気付きました。

そして「変える」のでなく
自分が持ってるものに気付き、
素の自分を活かすことで
自分がバージョンアップする。

それが本当の「新しい自分」
だと気付いたのです。

「新しい自分」になるのに
私はかなり遠回りをしました。
39歳から6年くらい
かかってしまった。

その6年間を活かしたい。
私ならもっと近道を
伝えることができる。

その想いで
「思考の整理」を伝えてます。

子供の頃から好きだった
「片づけ」に、
経験から得た知恵である
「思考の整理」を組み合たせた
ライフオーガナイザーは
私のライフワークです。

言い換えると

自分の好きなもの
素を活かし、
経験で得たもの
知恵を組み合わせたものが
ライフワークです。

ライフワークは
自分がすでに持ってる
ものの中にあります。

あなたのライフワークに出逢えますように☆

ライフオーガナイザー
GrowLife 綿貫素子

Thank you
GrowLife☆grow your future!!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA