toggle
2016-05-01

【お客様感想】4/23開催 親子講座 

1、講座受講を決めた理由

☆子供と参加できる講座だったから
☆会社のコミュニティからの紹介でしたが
子供達が自ら考えるような場を体験させてみたかったから
☆子供と一緒に夢をあたためていけるヒントが欲しかったから
☆子供に経験させたいと思った為
☆子供と(に)夢を持つことの大切さを学びたかった(学んでほしかった)
未来はいくらでも作れることを学んでほしかった。
☆素子さんの講座だから。
娘にも将来の夢や希望の種を見つけてほしいな。
知ってほしいなと思ったから。
娘がその気になってくれたから(興味を持ってくれたから)

2、受講して気づいたこと
持ち帰れることはありましたか?それは何ですか?「

☆子供とじっくり「一つのことに向き合うこと」
ってないのでよい経験になりました
☆口に出して言うことで、周りが助けてくれる
☆子供とそれぞれペースがあるなあと・・・
のめり込めるものや夢が見つかってる子と定まらない子といるので
いろんなチャンスを与えてやりたいなあと改めて思ったこと
☆子供が一生懸命考える姿を側で感じられたこと。
他の参加者の親子間の信頼感の強さを感じました。
☆自分自身も暮らしの中にわくわくを
たくさん持っていることに気づきました。
遠い未来でなくても、近くても楽しみを持てることがわかりました。
☆私もこんな講座がしたいな。
素子さんとまた何かしたいなという希望と自分の意志。
私の元気の素子さん。
・日常生活の中で気づくことができなかった娘の姿、
メモの取り方、考える力、行動の素早さなど
今日の時間を過ごすことで見えた成長の姿に感動しました。
娘の好き・やりたいことが見えたこと。
・何かを極めなければ・・とつい思ってしまう私。
でも他の参加者の方の夢「のんびり暮らしたい」を見て
本当の自分のしたい事、なりたい姿は頑張って頑張って
転移入れるものでなくて、「人の集まる家を持ちたい」
で良いんだなって思えたこと。
私の1番なりたい姿は必要十分の暮らし。
大事な人達が周りにいる音と自然のある暮らしだと思えたこと。
そのためにも社員で仕事を頑張る。

3、この講座をどんな方に紹介したいと思いますか?

☆学校やPTAの人に伝えてもいいかなと思います。
紹介できるような具体的なチラシがあるといいです。
☆会社のお母さん仲間たち
☆ママに企業の夢があって子供たちの協力が必要な家族
☆子供とのコミュニケーションに不安を抱いている方
☆8~12歳の子供を持つ親とその子。
(一歩踏み出せない子供。
自分に自信が持てない子供をお持ちの親子)
☆私と同じ経験をしてきた仲間たちのお子さん達
娘の学校にも素子さんに来てほしい!!
(2017年1月に二分の一成人式があります)

4、本日の講座の感想をお聞かせください。

☆はじめはキンチョーしていたむすめも
最後には心開いた感じでよかったです。
☆最後のシートづくりはちょっといきなりな感じがあり
もう少し書き出す手助けがあった方がいいかも。
・なかなか家では話をしてくれなかったりするので
いい「場」にはなりました。
☆明るい雰囲気と可愛いシールなどで
こどもたちもみんなリラックスできたと思います。
☆参加できて本当に良かったです。
工作するところがとてもよかった。
みんなそれぞれの夢がそれぞれのカラーで目で見れて
ホワイトボードに提示して頂けたのは
みんなで共有できてとても良かったです。
工作アイテムのセンスが良くて、紙やマステやシール
とてもわくわくした。
・最後、時間の都合もあったかもしれませんが
宣伝ができたら良かった、言葉にすると思います。
☆事前に子供の講座参加の不安を聞いてもらい
子供と話せる機会を作れたことが良かったです。
・親も子も教室形式だと思っていたので
子供と並んでできた事がきずなも深まり
参加しやすかったです。
・相手の自己紹介もとても良かったと思います。
娘は自分の事の自己紹介なら言えなかったかもしれません。
・私が思っている以上に娘には柔軟性が身についてる事が
この講座でよくわかりました。
子供のことを知るきっかけにもなりました。
☆時間もたっぷりあり良かったと思います。
・年頃的に恥ずかしさや、
自分の殻がでてくる年頃です。
(例えば、夢について周りが獣医師に
なりたいと言っている子が多いと自分も言ってしまう。)
例えば、大人でもお互いの第一印象を
紙に書いたりしますが、
そういうのをゲームっぽくしても殻が破れて、
自分の知らない面を客観的に知る機会がもてる。
夢がなくても持って帰れるものがあると思います。
・親子意外の人に興味をもつような
アクションがあればいいと思いました。
・講座の進め方がわりと単調に感じました。
もしかしたら集中力が持てない子もいるかもしれません。
関心を引く為に強弱や音楽があってもいいかもしれません。
いきなり役割を与えても子供はわりと喜びます。

アンケートへの記載と

ブログへの記載のご協力に
心より感謝いたします。

・開催レポートはこちら→

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA